100人以上が選んだ【絶対に】おすすめしたい ダイエット&リバウンドしないコツ! ~体重42kgを20年以上維持している、簡単、誰でも出来る、頑張らない、楽して効果的だった方法!~

本当に効果があるのって、どんなダイエット方法? 今なら 【家で簡単♪数日で効果抜群☆シミそばかすを消す方法!】 の本を無料プレゼント!

早食いと食物繊維。

とある研究では、1日当たりの摂取カロリーが早食いの人ほど多い傾向で、
摂取カロリー当たりの食物繊維の量は遅食いの人の方が多い傾向がありました。
また、早食いの人ほどダイエットに取り組んだ経験のある比率が
高かったことも分りました。

一方、運動日課やたばこなどの生活習慣と食べる速度とは関係はありませんでした。
遅食いの人ほど食物繊維の摂取量が豊富ことに注目し、
「早食いの人たちは食物繊維が少量で速く食べやすい食事をしているため、
満腹感を感じる前に必要以上に食べてしまうのではないでしょうか。

早食いの人は、自然にゆっくり食べられる食物を
選ぶよう心掛ける事が大切です。